寫眞-27-

<寫眞:橿原神宮> 2018.5.28
120tabi1805280001.jpg120tabi1805280002.jpg120tabi1805280008.jpg120tabi1805280004.jpg120tabi1805280005.jpg120tabi1805280006.jpg120tabi1805280007.jpg120tabi1805280003.jpg120tabi1805280009.jpg120tabi1805280010.jpg

posted by utumiawami at 15:08寫眞

寫眞-26-

<寫眞:畝傍山神武天皇陵> 2017.5.19
120tabi1705190035.jpg120tabi1705190037.jpg120tabi1705190038.jpg120tabi1705190042.jpg120tabi1705190041.jpg120tabi1705190040.jpg120tabi1705190036.jpg120tabi1705190044.jpg120tabi1705190047.jpg120tabi1705190050.jpg


posted by utumiawami at 12:32寫眞

寫眞-25-

<寫眞:耳成山> 2017.5.19
120tabi1705190027.jpg120tabi1705190022.jpg120tabi1705190021.jpg120tabi1705190009.jpg120tabi1705190008.jpg120tabi1705190005.jpg120tabi1705190011.jpg120tabi1705190010.jpg
120tabi1705190003.jpg


posted by utumiawami at 22:23寫眞

淡水日記180609

_20180609_145232.JPG
この前に西賀茂を見て歩いて、まだ奥があることがわかって、今日は其処へ行ってみた。
神光院前でバスを降り、山裾にむけて歩いた、船山を見ようと思っているのだ。
アスファルト道だけど登坂、ゴルフ場があって、その向こうに霊源寺があった。
その東側に鳥居が見えた、川上大神宮、川上やすらい祭保存会なる字があった。
やすらい祭の元祖なのか?、これは知らなかった、今も祭りがあるのか。
そのあたりから東に丸い山が見えて、たぶん上賀茂神社のご神体、神山だ。
このあたりは賀茂川というのだろうか、川に出て、橋を渡って、上賀茂神社へ。
このまえと今日とで西賀茂散策を終えたことになる。
住宅が、いっぱい建っていて、昔は平地だったとイメージしながら、歩いた。
歩きながら、いろいろと考え、思い、思考する。
もう、別の場所へ来ているから、遠い向こうに写真家たちの風景が見える。
新しい拠点で、新しい作業を始めているから、それを詰めていこうと思う。
カフェ&プレス、孤立無援だけど、新しい思想の創生の場、だと思っている。
空しいけれど、これまでの風景からさようならすればいいのだ、と思う。