寫眞-10-

<写真:聖徳太子の墓所へ>3 2016.7.1
120tabi1607010002.jpg120tabi1607010031.jpg120tabi1607010032.jpg120tabi1607010034.jpg120tabi1607010035.jpg120tabi1607010033.jpg120tabi1607010037.jpg120tabi1607010036.jpg120tabi1607010038.jpg120tabi1607010040.jpg

posted by utumitansui at 10:42寫眞

寫眞-9-

<写真:聖徳太子の墓所>2 2016.7.1
120tabi1607010004.jpg120tabi1607010005.jpg120tabi1607010023.jpg120tabi1607010024.jpg120tabi1607010022.jpg120tabi1607010021.jpg120tabi1607010025.jpg120tabi1607010026.jpg120tabi1607010027.jpg120tabi1607010028.jpg


posted by utumitansui at 16:54寫眞

淡水雑記170704

120yama1706130007.jpg
今日は午前中、上京診療所へ診察を受けに行ってきました。
血圧が高くなって治療の薬をもらいに行きだして一年半ほどになります。
その他は、元気そのものとは思っているけれど、老体であることは間違いない。
疲れる、ぐっと気持ちが入らない、浮ついている、感度が鈍い、等々。
老人特有の兆候がいっぱいあって、外から見れば老人そのものなんでしょうね。





淡水雑記170701

120kyoto1706020013.jpg

 ここには文章を載せているから、文章を載せようと試みているから、ついつい億劫になってしまって、ブログの更新ができにくい。文章を書くという意欲が退潮気味で、うっとおしいというかめっどくさいというか。文を書くというのは、体力がいるんだと思います。けっこう頭を使うし、脳の消費エネルギーもけっこうなものだと思えます。どないしょうかな、淡水というのはペンネームです。古希をこえた男が、その生きざまを綴るという試みなのですが、どうなんでしょうか、続けられるんやろか、思うところ大です。