愛の物語-15-

-15-
 京子は、ひとつ年下の誠二に恋したようで、外気は寒いのに、気持ちはふわふわです。中学の時に恋した男子がいたけれど、それは片思いに終わりました。京都へ出てきた16才には、直人という名の年上の男に言い寄られ、神社の木陰で抱かれ、草叢に寝かされ、処女を失った経験があります。でも、これは一回限りで恋にはならず、労働者だった直人は京子の前から姿を消してしまって終わりました。その京子が、茂子に気持ちを打ち明けたところです。
「京子、誠二って夜間高校通ってるんだから、努力家なんよね、いい子じゃない」
茂子は、専務の啓介と一緒にいて、からだを求められるままに渡しているから、その分、女として大人っぽいところがあります。その茂子が、京子から誠二と喫茶店で会ったことを話したから、茂子からは羨望の目で見られたのです。京子には、茂子が専務啓介と深い関係にあるとは知らないから、優越の気持ちを抱きます。
「なかなか、会う間がないのよ、誠二くんと、逢引したいけど」
逢引というのは、男と女が惹かれあって逢うということだから、京子がこの言葉の意味するところを、どれだけわかっているのかはわかりません。男とのことは、京子には、一回だけの経験ですが、未経験ではないし、小学校や中学校で女のからだについて話を聞いているから、そのことはわかっています。でも、いま、誠二をそういうふうには求めていません。
「だめよ、京子、誠二くん、好きになってもいいけど、やっちゃだめよ」
「そうだよね、やっちゃ、だめだよね、でも、まだ、そんなとこまでいってない」
「男は、心で、なにを思ってるのか、わかるでしょ」
「わかんないよ、そんなこと、わかるわけないよ」
「じゃ教えてあげる、男はみんな狼よ、っていうじゃない、やりたいのよ、みんな」
「やりたいって、そんなふうには見えないけど、誠二くん」
茂子の部屋には鏡台があります。鏡の前には着物生地つくった紅い前隠しが下ろされていて鏡は見えないけれど、その艶めかしい前隠しの色が、女ごころを大人にします。京子の部屋には手鏡があるだけで、姿を見る鏡がありません。シュミーズやブラジャーなどの下着、ズロースやショーツも、茂子は、何種類も持っていて、柳行李に並べて詰めているのです。京子は、茂子の下着が詰まった柳行李のなかを見せてもらって、女の嫉妬する気持ちがふつふつとわいてきます。
「ねえ、京子、京子も、お化粧して、服も買って、おしゃれしないとだめよ、ねぇ」
「わたし、わかれへんわ、なにが似合うのか、わからへん」
「白いシュミーズ、白いズロース、京子のは、地味すぎるよ」
茂子は、白い色の下着も、少しだけ色に濃淡がある種類で揃えて持っています。もちろん、専務の啓介から貰うお金で買い揃えているからです。

_20181211_173056.JPG

愛の物語-16-

-16-
 茂子が教えてくれたランジェリーのお店へいくと、透けたネグリジェや透けたショーツなどがありました。お給料をもらって、それらを買い求めるにはちょっと高めなので、買うのをためらったけれど、黄色いショーツとブラジャーのセットを買い求めました。その専門店は千本西陣京極の映画館の隣のお店で、ショーウインドウは明るい洋服のマネキンが置かれています。間口一坪奥行二坪ほどの洋装店で、おそるおそるの気持ちで、京子が入っていくと、若い女の人が、迎えいれてくれます。
「いらっしやい、初めての子ね、ゆっくり、見てみたら、いいよ」
まだ若い女の人は、少し派手目のセーターにズボン姿、髪の毛はパーマネントを当てていて、流行りの格好をしています。なにかしら男の人のようにみえたけど、女の人には違いないので、京子は、目を見張ります。
「お勤めの子ね、織屋さんの子ね、どこで仕事してるの」
「はい、泉織物にいるんですけど、わたし」
「そうなの、泉の子なの、可愛いわね、いくつ?」
「18です」
明るいお店の中は、ランジェリー、下着の類が豊富に揃っていて、京子は、ナマに目の前でそれらを見るのが初めてだったから、目を輝かせて驚きを隠せません。
「わたし、ユミってゆうの、あなたの名前は?」
「キョウコ、京都の京に子供の子、西上京子」
「そう、京子ちゃん、男の子、いるんでしょ?」
「そんなぁ、まあ、わかんない、わたし」
「女の子が、ね、興味を持ちだすのは、男のせいよ」
「はぁああ、わたし、好きな人、いるんです」
京子は、もぞもぞ恥じらいながら、誠二の顔姿を思い描きながら、ユミに告げたのです。
「最初はね、これくらいがいいかなぁ、京子ちゃんには、これくらいかなぁ」
透けてはいないけれど、ゆるくてふわふわな感じ、ピンクのブラジャーとショーツのセット。それの白いシュミーズを合わせて、透明ガラスのショーケースのうえに並べ、京子に勧めてくるのでした。
「こんなの着てたら、男の子、喜ぶんよ、たいがい、ね」
「そうですか、わたし、男の人のことわかんないですけど、喜ぶんですかぁ」
「わたしのお店、男性が喜ぶ品物ばかりを、揃えているのよ」
女が男を喜ばせる、という表現をユミの言葉で聴かされた京子は、これまで封印されていた気落ちを揺さぶられてしまいます。京子は、店長のユミに勧められるまま、下着セットを買い求めたのです。支払いは、お給料が出てからでいいと言われ、ツケ買いしたのです。

_20190104_142826.JPG

愛の物語-17-

-17-
 水曜日は朝から気持ちが落ち着かない京子です。織機のまえに立って、織物に異常がないかを見守るのが織子の役目です。ガチャガチャの金属音に会話もできないほどの騒音の中、誠二の顔を思い浮かべるのです。今夜は、裕二と喫茶店で待ち合わせている日です。はっきりした約束をしたわけではないけれど、水曜日は学校の授業が早く終わるから、会える。会えるといっても夜の八時です。そわそわの京子は、六時までの仕事を終え、食事をして、七時半には寮になっているアパートの自室から出る計画です。このまえに買った下着を身につけ、スカートとセーターを着て、コートを羽織った京子です。千本から仁和寺街道を西にまっすぐ、西大路まで出て北へあがると、まもなく白梅町です。道路から喫茶ホワイトのなかを見ると、明るいです。二階があり、京子は、二階へあがります。窓辺のテーブルに椅子が四つ。四人がワンテーブルです。
「なににしますか」
ウエイトレスが水を入れたコップをテーブルに置きながら、注文をききます。
「あたたかいミルク、おねがいします」
「ホットミルクですね」
前にもいたウエイトレスで、京子と同い年くらいです。黒っぽい上着とスカートに白いエプロンをしたウエイトレスは、京子がよく見ると、お化粧をしています。この前には気にならなかったことですが、西陣京極の洋装店でユミさんと話しをして以来、女の身だしなみについて、気になるようになったのです。八時を少し過ぎた時間に、誠二が店の前に単車を止めるのが見えて、見下ろしている京子のソワソワの気持ちがいっそう高くなって、心臓がドキドキするのがわかります。階段を上がってきた誠二の姿を認めて、京子は、顔を赤らめます。誠二は、あいかわらず皮のジャンバーを着ていて、エンジ色のマフラーをしています。
「こんばんは」
誠二は、ニコッと笑い顔をつくって、京子にあいさつをして、椅子に座ります。テーブルを介して京子の前です。ウエイトレスの子が注文を取りに来て、誠二はホットコーヒーをブラックで飲むからと言って、注文します。ウエイトレスは、京子の顔を見、それから誠二の顔を見て、クスっと笑う仕草をして、階段を降りていったのです。

_20190110_152146.JPG

愛の物語-18-

-18-
 誠二は、とっても嬉しそうな表情で、京子にネックレスをプレゼントするというのです。長方形のボール紙お箱に、その品物は仕舞われていて、紙のフタを開けると、金色の鎖に真珠がつけられたそれが、京子の目にはいったのです。京子は、びっくり、嬉しさを隠しきれません。
「あ、あ、あっ、ありがとう、わたしに、くれるの?、誠二くん、うれしい」
「そんなに上等じゃないけど、似合うかなと思って、買っちゃった」
京子は、真珠のネックレスを箱からとりだし、手に掛け、もちあげ、鑑賞するのです。誠二が、嬉しそうな表情を見せるので、京子も嬉しさをそのまま表情に出してしまいます。
「おれってさ、なんか京子を、好きになったみたいだよ、だから、さ、買ったんだ」
告白、誠二の告白、京子が好きだという告白です。京子は、誠二の顔を見ようとおもうけれど、なんだか恥ずかしくって見れないのです。好きになった、と言われて、京子はとっても嬉しい気持ちに満たされてきて、誠二に、わたしも好きよ、と言いたいと思うのに、その言葉がだせません。
「おれ、今の仕事、やめて、自動車の修理工になろうと思うんだ」
「ええっ、そうなの、誠二くん、自動車の修理屋さん?」
「そうだよ、これからの時代は、自動車、そしたら、おれ、日曜日、休みとれる」
「そうなの、日曜日、休みになったら、わたしと一緒よ、会えるね」
「そうだよ、会えるよ、日曜日、明るい時に、会えるよ」
小浜から出てきて、寿司屋へ住み込んで高校に通っている誠二が、自動車の修理工になる、というのです。仕事のあたりはついていて、千本丸太町のモータースが求人を出していて、それに応募したら、来てほしいとの話して、年末を終えたら転職するのだと、誠二は京子に伝えたのです。
「アパート借りて、一人住まいして、学校へも、行かせてもらえるんだ」
「そうなの、いいなぁ、誠二くん、賢いから、なんでもできるんよね」
「京子は、織子で、いいじゃない、来年、高校で勉強するんだろ」
「うん、わたし、誠二くんの高校に入って、いっしょに勉強したい」
「そうしなよ、おれ、楽しくなってきたよ、京子といっしょだったら、楽しい」
水曜日の夜、白梅町の喫茶店で待ち合わせして、一時間程いっしょに過ごして、帰りは誠二の単車に乗せてもらって、寮になっているアパートに帰ります。この日、京子は、少し大人の下着を身につけてきたけれど、そのことは誠二には知らせることもなかったから、黙っていたから、誠二には、その女ごころは伝えられないままでした。

_20190110_152314.JPG

愛の物語-19-

-19-
<茂子>
 卯水旅館の女将はウメという名で呼ばれています。泉織物の専務村田啓介の父親が若かった頃に、いい仲になったものの子供をつくるところまでには至っていなかったから、独身で通して、独り身のままです。この女将のウメは、孫の年頃にもなる茂子が気に入っていて、あれこれと世話をやいているところです。茂子は茂子で、加悦には両親がいるものの、愛に飢えていたから、何度か啓介に連れられて卯水旅館へ来るようになって、ウメをまるで祖母のように慕うのでした。
「おばちゃん、また、来たわ、専務さん、来るの、待ってるわ」
「そうなの、また、また、来たんやね」
「はい、おばさん、また、また、お世話になります」
「専務さんから、ごはん、食べさせておいて、と電話あったんよ」
「専務さんも、そう言ってはった、好きなもん、食べさせてもらい、って」
土曜日の夜は、茂子が勤めている泉織物専務の啓介と、この卯水旅館で、逢う夜です。七時になって茂子が先にやってきて、出前を取って食事する。茂子一人ではなく、ウメも一緒に食べるのです。旅館と提携している仕出し屋が弁当を作ってくれて、届けてくれます。
「わたし、とんかつ、食べたいわ、ええやろか」
「ほんなら、頼んであげる、とんかつのお膳やね、待っとりや」
女将は電話でトンカツ膳と卵丼を頼みます。卵丼はウメの分です。茂子は、ウメのいる居間で待ちます。堀コタツが居間の真ん中にあって、薄い布団が掛かっていて木目の天板があります。15分ほどで出前が届いて、堀コタツの上に並べてもらって、茂子とウメが向き合って食べます。ここの仕出し屋のトンカツは、美味しいことで有名な一品です。
「ああ、おばちゃん、美味しいわ、一切れ、あげる」
茂子が、カットされたトンカツの一切れを、キクの卵丼のうえにのせます。
「ありがとう、茂子ちゃん、優しい子やねぇ」
「いいえ、おばちゃんには、いつも世話してもらってるから、お礼です」
専務の啓介が卯水旅館へやってきたのは、もう八時半ごろで、茂子は、先にお部屋へあがって待っていたところでした。四畳半の畳部屋、電気のストーブで温まった部屋。襖で仕切られた隣に三畳の部屋。三畳の部屋には分厚い布団が敷かれ、掛布団がかぶさっています。枕元は低い屏風があり、その後ろに、茂子が縛められる道具が詰まったボストンバックが置かれてあるのです。
「ああ、専務さん、待ってたよ、わたし」
「待たせたな、ちょっと来客があったから、待たせたな、ごはん、食べか」
「はい、とんかつ、いただきました、美味しかったよ」
啓介はコートを脱ぎズボンに毛糸のセーター姿で、座敷机の前にあぐら座りします。足を崩して座布団に座っている茂子。毛糸で編んだ白いワンピースを着ている茂子を、しげしげと見つめる啓介です。

_20190104_142842.JPG

愛の物語-20-

-20-
 女将のウメが、お盆に徳利と盃二つ、それにおつまみの皿をのせて、啓介と茂子がいる菊の間へ入ってきます。座敷机にお盆を置いて、啓介に盃を持たせ、徳利の酒を注ぎます。
「おおきに、いつも、可愛い子、見せてもらって、嬉しおす」
ウメは啓介に酒を注ぎながら、茂子の顔を見て、嬉しそうな表情で、啓介に言います。啓介は、ウメが注ぐ酒を口に含みながら、茂子の顔を見て、ウメの顔を見ます。啓介がウメに目線で合図をおくります。ウメが、茂子を立たせます。立たせて、襖が開かれた三畳間へ歩かせます。三畳間は布団が敷かれていて、茂子が、正座で座らされます。
「茂子ちゃん、手を、後ろに、まわすのよ、ほら」
「ああ、おばちゃん、なにするん、手、括るん?」
布団の上、畳一枚分ほど向こうに座敷机があり、その前に座った啓介が、正面に見えます。啓介は、茂子の方に目線を向けて、眺めているのです。
「専務さんが、ね、茂子ちゃんが、かわいがられるところを、ね、見たいというのよ」
茂子は、ウメから喋られながら、手首を後ろへまわされ交差され、柔らかい木綿の紐でその手首を括られてしまったのです。
「ほうら、茂子ちゃん、専務さんの方を見てごらん、顔をあげて」
手を後ろにまわして、うつむいている茂子が、言われるままに顔をあげると、啓介が、腕組をして、あぐら座りのまま、こちらの方を見ているのです。茂子の後ろにウメが座っています。正座する茂子の足を伸ばさせます。
「茂子ちゃん、いいことしてあげるんだから、賢くしているのよ」
茂子には、なにが起こるのか、わからないまま、これまで専務の啓介と二人だけだった菊の間に、女将のウメも一緒にいることが腑に落ちません。白い毛糸のワンピース姿の茂子です。布団の上で、膝立て座りさせられ、手首は後ろで括られ、腰の後ろです。枕元の屏風の後ろに隠して置いてある道具を、茂子は知りません。啓介は、あらかじめウメに用意してもらった道具を、これまでにも茂子ではない女に使っていたから、熟知しています。18才になる茂子に、年増の女が使われる道具を、使ってやって、どういう反応をするのか、啓介にも、女将のウメにも、未知のところです。
「あっ、あっ、おばちゃん、ああっ」
伸ばした足を、膝から立てられる茂子です。立てた膝を、ウメがひろげさせます。ワンピースの裾が太腿の根元にまでめくれてきて、靴下をはいた足首上から太腿までの生足が露出してしまったのです。啓介が、じっと茂子の動きを見つめています。茂子には、啓介の顔を見ていますが、意識の中には入ってきません。
「ほら、茂子ちゃん、お膝、ひろげて、このまま、ひろげるの」
右の足裏を布団から持ち上げられ、ひろげる茂子。左の足裏を布団から持ち上げられ、ひろげられる茂子。膝と膝の間が60㎝にもなるほどに開いてしまった茂子です。白いズロースを穿いた股が、正面の啓介から、丸見えにされてしまったのです。
「閉じたら、あかんのよ、茂子ちゃん、こんやは、ストリッパーさんよ」
「いやん、おばちゃん、専務さん、見てる、恥ずかしい、わたし、ああん」
「いいわね、だめよ、お膝、閉じちゃ、開いておくのよ、茂子ちゃん」
分厚い新婚さん用の布団が敷かれた三畳の間です。掛布団は足元に三重で折り重ねられています。枕は二つ、白いカバーで包まれています。枕元には屏風があり、壁の柱には直径10㎝の鉄のワッパが縦に二つ。天井にも鉄のワッパが四つ取り付けられてあります。棍棒が二本、ブランコになって、棍棒の端を括った紐が、天井のワッパを通して、襖の横の柱のワッパに結ばれているのです。

_20190112_142051.JPG