愛の物語-26-

-26-
<誠二>
 誠二は寿司屋の住み込み店員を辞め、自動車の修理工場で仕事をするようになりました。正月が終わり、一月の半ばが切り時で、モータースがある千本丸太町の近くのアパートへ引っ越してきたのです。寿司屋では住み込みだったから、引っ越しといっても家財道具はなにもなく、衣服と夜間高校の教科書くらいです。日曜日の引っ越しで、京子が手伝いに来ました。
「ねぇ、誠二くん、これで、日曜日、会えるね、うれしい、わたし」
口紅を塗った唇は赤い。京子は、美容院へ通い、髪の毛を整えてもらっています。下着も買い揃えたし、上着も月賦で買いました。その京子が、誠二のアパートへ来た最初の人です。
「狭いけど、一人やし、寝るだけやし、これで十分やわ」
アパートは木造の二階建て、建物の真ん中に広めの玄関があります。玄関には下足箱があり、部屋の番号が振ってあります。真ん中が廊下で、その両側に部屋があります。誠二の部屋は二階の端の部屋で、一階と二階、そこだけが三畳の間です。
「買い物にいかんとあかん、布団とか、買わないと」
誠二は、部屋を確認したあと、京子と一緒に買い物にでます。寝具を売っている店が、千本の出水にあって、そこで布団を買うことにします。京子が織子をしている泉織物の工場から近いところです。寝具一式を買うというので、お店のおばさんは、京子と一緒だったから、二人で棲むための寝具だと思ったようで、シングルのセットを注文すると、妙に京子の顔を見て、これでいいの?、言葉には出さなかったけれど、そんな表情で一式をそろえてもらえました。荷物はリヤカーを貸してあげるというので、リヤカーに積み、誠二が真ん中を押し、京子が横に付き添ってアパートへと戻ったのです。

_20190201_153249.JPG