或る物語-3-

120kyoto1702020031.jpg
 武夫がタエ子から恋文のような、メモのような紙切れを受け取ったのは、12月のことです。中学三年生、高校受験を控えていた武夫ですが、タエ子は高校へは進学せずに就職するという手配になっていて、家から自転車で通える電機製造工場で働くことになっていたのです。九州の田舎などで中学を卒業した男子や女子は、集団で都会へ就職してきます。そのことでいえばタエ子は境地に生まれ京都に育った女子です。巫女になりたいとタエ子は母に言ったことがありました。でも、母は新興宗教に首ったけだったから、巫女になることを許さなかったのです。武夫のほうはといえば高校進学です。公立高校の普通科を目指していて、それは十分に受かるレベルにありました。学校からの帰り道、夕方五時といえば暗くなってきた時間です。曲がり角でタエ子が武夫を待ち受けていたのです。

 「うん、キミの事、知ってるよ、友だちになってもええけど、高校の試験あるから」
タエ子が待ち伏せしていたのは、その日に限ったことではなくて、ほぼ毎日といってよかった。武夫の興味を引くために、話しかけはしてこなかったが、手紙がカバンに入れられていて、それから数日後、タエ子が武夫の前に立ちはだかったのです。
「受験するの、わかってるけど、わたしは、就職するの、だから、思い出が、ほしいの」
少女雑誌のなかで、男子に告白するセリフがあって、タエ子はそのことを覚えて暗記して、うつむいて武夫に言ったのです。武夫は断らない。断れない性格で、というより女子への憧れがあったから、友だちになることを受け入れたのです。中学の学区だから家と家、多少の距離はあるけれど、自転車なら五分とかからないところに住んでいるタエ子と武夫です。

 それから年末になって、正月になって、武夫はタエ子に誘われるがまま、千本中立売の甘党喫茶店タマヤで話をするようになったのです。タマヤといえばタエ子は小父さんと待ち合わせる店です。タエ子は慣れたことで、お小遣もあったから、武夫におごってやるのです。武夫はホットケーキとミルクセーキのセットで八十円、武夫が頼むとタエ子も同じものを頼んで、食べるという段取りです。仲の良い二人、中学三年生だから喫茶店へ入っていることを先生に見つかると補導される。タエ子と武夫は、入り口のドアからは見えない、奥まったところに隠れるようにして向かい合ったのです。
「お寿司やの、小父さんが、おこずかいをくれるのよ、だから、おごってあげるん」
「そうなん、タエちゃん、お金、持ってるんや、ぼくは、週に100円もらうんやけど」
武夫には、タエ子が一晩五百円もらってる、といってもピンとこないけど、タエ子は女子、学校の保健で身体のことを教わったし、姉の仕草を見ていて、教えられるまでもなく、メンスの事や、男の事を、覚えてしまったのです。

この記事へのコメント