淡水日記170226

IMG_0498.JPG
どないしようかと迷うところで、ふっと過去のことを思いだしてしまいました。過去といってもこの三年。三年前の今頃から一昨年、昨年、今年、紆余曲折しながら、ぼく自身の身の置き場について、自分なりに移動させてきて、今に至っているということ。何が起こったの、その内容についてはどこまで具体的に記載すればいいのか、プライバシーをどこまで公開していいのか、ということを思ってしまうのです。ここは、日記、という枠だから、誰にも見せない秘密のことが書ける、ということだけど、それはここ、ブログに書くわけだから誰かの眼に触れる、読まれる、ということを前提にしなければいけません。といいながらも、書いておかないといけない。

三年前といえば京都写真学校の開講について、受講する人が少なければ開講しないという方針を打ち出しはじめたことでした。ひとりでも受講希望者がいたら開講しようということが、それまでは前庭だったけれど、採算のこと考えると開講しない、というほうに来たと思うんです。ぼくの立場でいえば、当時は宝塚にあった図書館のほうで講師をやりたいという意欲もあり、京都は休校してもいいと考えてしまったのです。根本のところにお金の分配の事があったのです。お金のことでは、人と人との信頼関係を崩してしまう、そういうことだと今は思っています。といいながら三年前には、受講希望の人が数人あらわれて、開講しました。具体的には二年前、ひとりだけの受講となったので開講しないことを決定させました。

図書館は茨木に移転し、講座運営に、積極的にかかわろうとしたところ、主宰者のほうがぼくを受け入れない風が見られてきたのです。ぼくは自分なりに深く、経営も成り立つようにと、講座と図書館運営の案をもっていたけれど、まったくそれは無視されて、金的運営が難しくなってきたのです。ここでは、講師に名を連ねて、そこにぼくの存在を外へ示そうとの思いがありました。野望なんてことではなくて、拠って立つ自分の位置、ということだと思います。世間ではこういうことを確執というのでしょうか、入ろうとすると排除される、そういう流れになったと感じていました。気に入った人と親しくなる、唯一自分の逃げ場がそこにあるようになってきて、個別に気に入りだした人になってきました。恋心を抱いた、それがぼくを苦悩させてきました。(続く)

この記事へのコメント