淡水雑記-10-

120scan1511100029.JPG
<写真の新しい場所へ>
写真家の東松照明さんが京都に取材されていた1982年頃の話です。
東京でのワークショップ写真学校1975年、その後、沖縄取材中の宮古大学でしたか。
東松照明さんが撮影の拠点には地元の若い世代が活性化する、という話がありました。
京都へ来られた時には、京都が活性化される、という期待を持ちました。
まだフォトハウスという名前がなかったころ、中川においては映像情報のころ。
東松照明さんと組んで、いくつかの集まる場を設定しました。
若い写真愛好家が集まって、わいわい、がやがや、新しい潮流が生まれないか。
そういう場つくりをもくろんだのでした。
ここに掲載の写真は喫茶店<ギャラリー写真壁>で行った東松さんを囲む会。
結果として成熟していくことにはならなかったのですが、最近、此処にいた人に会った。
その人は昨年二科会の会友に推挙された方で、当時は高校生だったとおっしゃった。
何回か、こういう機会をつくって、新しい潮流をつくろうとしたが失敗でした。
でも<図書館に写真集を>1981年のムーブメントから大阪での<東松照明の世界展>。
自主ギャラリー<ザ・フォーラム>のオープンでは、かなり主流とは違う方へ来ました。
1984年11月、フォトハウス構想を公開する前史として、それは記憶されることです。
フォトハウスは、その当時の写真界の主流から離れ、周辺から立ち上がったのです。
いま2017年、フォトハウスを再生させますが、それらの前史が反省として役立ちます。
写真研究会の集まりは、なるべく写真から遠い所から、始めていきます。
閉塞した写真の世界を、新たなところに立たせて、開放していくために、です。