淡水雑記-11-

120scan1511100037.JPG
<写真ワークショップのこと>
ここ数日はかって開催したフォトハウスの写真ワークショップのことを思い出しています。
当時の資料がいくつかあって、開催時の記録写真もあって、これは使えるなぁと思っています。
というのも、無為のことではなく、作為のことにして、ことの正当性を表そうとしている。
ことの正当性とは、いま創立しようとしている「フォトハウス写真研究会」の歴史みたいな。
東松さんがいて、企画が生まれて、実行して、終わってきて、次のステップに移行した。
そういう継続してきたことで、価値を高め、立場を確保し、差別化を図ろうとしている。
これは戦略で、森友学園をめぐる騒動をテレビで見ていて、戦略が必要だと思ったわけ。
ひとの感情なんて渦巻いているなかで、自分を目立たせたいという欲望が沸き上がる。
なんなんでしょうね、人間の本性ってゆうか、共同体の中での自分の立場への関心。
今日、載せた写真は、1986年9月13日の夜の出来事、ぼくがそこにいた痕跡です。
アーカイバルプリントの制作レクチャーの場面でしょう、当日の講師三人が写っています。
結局は写真の場に投入された講座でしたが、主流たる写真の現場から遠い処からはじめた。
当時はまだカメラ雑誌が隆盛で、カメラクラブが主流で、独立した個人なんて弱かった。
あきらかに70年代に起こってくる東京の写真状況を背景に、京都で起こった出来事でした。
個人の自立、カメラを持って写真を撮って、アートの領域に足場を固めていくシステム。
人間の欲望、個人の欲望、なにか生きているという実感がほしい、それが底辺にあるようです。
新しくフォトハウス写研を創出しようと思って、具体的には4月9日に創立のところです。
裏話も含め、全体を明らかにしていくことも、このプロジェクトの仕事かと思っています。
いっそう個人の時代に生きていくための個人としての自立を目指して、です。