愛の物語-23-

-23-
 啓介の腰に跨った茂子は、言われるままに、ゆっくりとお尻をあげ、ゆっくりとお尻をおろします。お尻をあげると、啓介の男のモノが抜けてきます。お尻をおろすと、男のモノがぶすぶすと挿さされてきます。手首を後ろで括られたまま、啓介に助けられてお尻を、あげておろしてするのです。
「はぁああ、専務さん、はぁああん、あああん」
「いい気持だろ、ふふん、茂子、おそその奥まで、入れて、いい気持だろ」
「はぁああ、いい、気持ち、いい、いいですぅ」
「ゆっくり、根元まで、挿し込むんだよ、茂子の奥まで」
「ああん、挿し込む、ううっ、ああん、ひぃいいっ」
足裏を布団に着けていて、開脚の中腰スタイル、厠スタイルです。シュミーズはめくりあげられ首後ろ、ブラジャーもめくりあげられ首後ろです。茂子は全裸。啓介も全裸になってしまいます。
「ほうら、茂子、手、解いて、脱がせてやろう、ね」
「はぁああ、専務さん、わたし、もう、ああっ」
「どうした、どうしたんだい」
啓介に後ろ手の紐を解かれ、下着を脱がされてしまった茂子を、立膝で開脚の格好で、お尻を布団に着けさせます。そうして、啓介は、茂子を自分に向かせて四つん這いにさせます。
「さあ、練習だ、これを、くちで、なめて、しめて、しやぶるんだ」
「はぁああ、専務さん、お口で、なめなめ、おしゃぶり、ああん」
全裸の茂子が四つん這いで、足を投げ出して座った啓介の裸の腰からの男のモノを、猫がおしゃぶりするように、口の中へ啓介の勃起モノを咥えたのです。ぶちゅ、ぶちゅ、茂子が濡れた音を醸すのを確認しながら、啓介は柔らかい紐を茂子の腰に巻いて括ります。紐は六尺、その紐の真ん中で腰を括って臍の下から股へと通して、お尻の割れ目から腰にまわっている紐をくぐらせ、残りの二本になった紐を手に巻いて握るのです。
「ううううん、うううん、あああん、専務さんあ、ああん」
「口から、抜くな、咥えたまま、しゃぶれ、ほら」
茂子が、されている縛めを気にして、咥えているモノを、口から抜いてしまったのです。啓介は、茂子の顔を左の手で頭を押さえ、咥えさせます。
「ううっ、うう、うううっ」
「咥えたままだ、いいな、茂子、咥えたままだぞ」
茂子の腰に巻いた紐が、股間を縦に割り、臀部を縦に割って手元に戻した紐を、ぐいぐいと引き上げるのです。

_20190110_152202.JPG