京都北物語-1-

_20180430_141217.JPG
-1-
 京都の北、といっても現在の京都市内の北部、上京区から北区地域です。平安京が造営されるのが794年のことですが、その一条よりも北部地域を想定しています。そこは狩場であり、紫栽培地であり、芸術発祥地であって、ぼくは日本文化の、その精神の基底を成している処として捉えているのです。それをいくつかの系統にして、物語風に検証していきたいと思うところです。というのも、ぼくが生まれて育ってきた地域、ぼくの生活基盤を置いている地域が、京都の北、紫野の一角にあるからです。生活地域的には、北区と上京区にまたがる地域だし、昭和27年だったかに行政で北区が誕生する前には上京区であったし、それ以前には、愛宕、葛野、とかいう地名が冠されていたようです。

 ぼくは宗教の場所から、その精神の基底が育まれるのではないかと、想定しているところで、そのことでいえば、上賀茂神社を最初にあげておこうと思うのです。平安時代からの祭りとして「葵祭」を有しているし、平安京造営以前から、加茂氏一族が住まっていたと聞く場所の象徴として、「加茂別雷神社」、通称「上賀茂神社」というのです。ぼくのこの意識も、いまは名前を伏せますが、その友人が加茂氏の末裔だとの話を聞いて、また加茂氏がいかにして今の地域に住みついたのかという歴史も拝聴したので、この物語を起こす最初のページは、これだ、と思っているところです。ぼく自身は、そういう事でいえば、何者だろうか、という疑問が、自分を知るという行為につながっていると思っていて、これまでに二度、京都の生まれ育った場所について詮索してきたところです。

 第一期は1980年前後、カメラを持ってあちこちと取材していました。第二期は2008年から意識して「京都」を写真にしていこうとしていました。第三期がいま、これから始めようとする「京都北物語」です。ぼくが生まれ育ってきた主たる場所は、紫野のなかの柏野地区です。上京区と隣接していて、子供の頃の遊び場としていえば北野天満宮が中心となりました。祭は玄武神社の「やすらい祭」です。洛中洛外という区切りでいえば洛中にあり、仏教寺院でいえば、ぼくの菩提寺となっている寺は、法華宗の本法寺であり、室町時代の末期にあたるのでしょうか、京都文化の拠点が、本阿弥光悦、長谷川等伯など、今に至る作品を残す地域となると思っているところです。下書きなしで書き進めていくので、これは草稿です。メモの類かも知れませんが、行きつ戻りつしながら、書き進めていきたいと思います。掲載写真は上賀茂神社風景、2018.4.30です。

嵯峨野慕情-12-

_20180402_143630.JPG
-12-
 嵯峨、および嵯峨野という場所を面でいうと、広沢の池の西から北西方向、山際まで。帷子ノ辻から嵐山の方にかけて北方面一帯、山際まで。嵯峨天皇陵が大覚寺の裏山の、その中腹になありますね。その山際っていうのが大覚寺がある北嵯峨、二尊院がある小倉山、西には大堰川が流れているあたりまで、明確な区分がわからないのですが、住所に嵯峨〇〇町とか嵯峨野〇〇町とかの住所を目安にすれば、いいのでしょうね。太秦とか宇多野とか花園とか、嵯峨野を取り囲む地域があって、その向こうに嵯峨野がある。その向こうという位置感覚は、ぼくがいる位置が市中にあるからです。ところで、嵯峨という地名の由来を探ったけれど、明確にはなってないみたいですね。嵯峨天皇っておられて、そこには嵯峨って名前があって、その嵯峨が何処からとられたのか。山編に差と我でしょ。わからないですかね。

 嵯峨野高等学校に入学することが決まったのは1962年3月でした。それから三年、1965年3月まで嵯峨野高校の生徒でした。そういうことでいえば東京オリンピックがありました。なにかしら、東京という言葉が、とっても夢の場所のようにイメージされていたように思います。憧れるというのか、東京へ、という意識が、その時代の若者を動かしていたようにも思えますが、これは個人の感想です。ぼくは、そう思っていました、東京へ、行きたいと思うようになります。16才から18才まで、思春期をこえて青年の頃です、嵯峨野という地域で過ごしたことが、のちの人生に大きくかかわってきたと思います。恋して過ごした三年間、恋しはじめて、恋してることを知ってもらって、そうして別離していく、ひとりの女生徒をめぐって、ぼくのその時代があったのだと、いま改めてそう思います。恋するというのは内面のことで、本人以外には誰にも言っていないから、誰も知らない筈です。

 嵯峨から嵯峨野には、多くの友だちがいました。そんなにたくさんの人と、友だちとして交流があったわけではないけれど、その地域内に家屋があって、そこに住んでいた友がいたわけだから、その場所は通りすがりというよりは、滞在した場所でもありました。思い出しますよ、今みたいな観光地ではなかった時代です。向井去来の墓を発見したとき、なんだこの石、と思った。墓石として「去来」と刻まれた高さ50㎝ほどの細長い石。祇王寺ってお寺というか庵を見つけたとき、これもけっこう感動したことを思い出します。嵯峨、嵯峨野は、ぼくにとってはそういう空間でした。寒い夜、単車の後ろに後輩の女生徒を乗せて、大覚寺の裏にまで送り届けた記憶がよみがえります。その子は文芸部の子で、うしろから抱きつかせて風よけになってあげた自分です。手袋をしていない手が、猛烈に痺れるほどに冷たかった記憶があります。大覚寺の裏へよく行くのは、そういう記憶に基づきます。(おわり)


淡水日記180427

_20180426_152842.JPG
いちばん最近に撮った写真を掲載しています。
昨日、ライト商会三条店で開催されている「京都極彩秘宝館」展を見に行った。
会場の写真撮影をしていて、その最後の写真がこれでした。
坂井美桜さんの「壁面コラージュ作品」です。
ホックニーのコラージュを思い出しながら、これは一枚一枚が別写真です。
心情にフィットしてくるイメージで、パッと眺めて、一枚一枚に見入ります。
興味あるから見入るわけで、特別にエロスでもないのに、エロスを感じます。
いや、エロスと表現したけれど、何をもってエロスという言葉を紡ぐのか。

ぼく的にいうなら、かって、ひらがなで「えろすかろす」という言葉を使った。
エロスタナトスかなとも考えながらエロスカロスとの表記を使いました。
エロス、えろす、は生、生きる、生き生きした感性、感覚、歓喜、そんなイメージです。
カロス、かろす、は美、美しい、見て心ときめく、そういう感覚、身体内部が濡れてくる。
そこでエロスとカロスを組み合わせて、あまり使いたくないけど「官能」なんてイメージを。
そういえば官能小説っていうジャンルがあるのかどうか、官能小説、って言いますね。
そんな区分の問題じゃなくて、描かれる中身の問題だけど、人はタイトルで興味を示します。
ネットでエロスとか官能とか、そういう言葉を表出させると、アクセスが一気に増える。

特別に新しいということでもありません、絵画や写真、それに文章にも描かれています。
近代絵画や近代文学に限ったことではなく、絵画にしてもビーナス誕生とか、小説にしても。
小説は、近代以前、ちょっと思い浮かばないけれど、小説そのものが近代の産物ですかね。
表わすためには道具を使いますが、ひと頃は印刷しかなかったけれど、いまはネットですね。
インターネット環境ですが、ハード機器があって通信インフラがあって、それが使える今です。
ひとことで言ってしまいますが、すごい時代になったなぁ、と感嘆するしかないですね。
この感嘆する内容、ひとつひとつを、詳細に見ていくことが、この先、求められていますね。
ぼくとしても、できるだけ、細部を描いて、あぶり出していければいいな、と思う次第ですが。


嵯峨野慕情-11-

_20180312_140758.JPG
-11-(フィクション-9-の続き)
 夏から秋になっていたから、神戸のギャラリーでお見受けしたときには黒い服を着ておられました。お顔をあわせて、ご挨拶をすると、そのお方はぼくのことを思い出されたようでした。おしとやかなしなりをお見せになるそのお方に、ぼくは、京都にお住まいだったのではありませんか、とお尋ねいたしました。
「ええ、嵯峨の美大に通っておりました、昔の事ですが」
そのときにぼくは、やっぱりこのたしなみは京都のイメージで正しかったのだ、と思います。二回目にお目にかかったこのときに、はじめてそのお方の素性のほんの少しだけを、知ることができたのです。
「ええ、わたくし、嵯峨の大覚寺の裏のところに、下宿していましたの」
「そうでしたか、なんとなく、京都にいらしたのではないかと、思ったものでしたから」
「懐かしいわ、あのころ、まだ短大の学生でしたけど、懐かしいですわ」
そのお方の表情の奥に、もう何十年かの昔の記憶がよみがえったようで、ぼくの顔をご覧になられて、嬉しそうな表情をなされたから、ぼくの心が揺れました。騒めきといえばいいか、恋した瞬間、といえばいいか。うすうす心にとめていたそのお方のことでしたが、急速に近い存在となってしまったようでした。

 行きにも通った生田神社の傍を、帰りには山手の方へ赴き、異人館のあるところ、北野町というのですかね、久々に訪れてみました。神戸の街が見えます。京都に生まれて育ったぼくには、神戸は異文化の街、港町、その街に興味を抱くのでした。そのお方がお住まいの神戸という街に、愛着以上の感情を持ってしまうのでした。そのお方のお住まいが、神戸の何処にあられるのかもわからない。戸建てなのかマンションなのか。いや、それ以前に、その方は、独り身であられるのか、ご家族が配偶者がおられて、お子様でもいらっしゃるのか、不明です。聞き出すことはできません。遠くから眺めさせていただく、そういう希薄な関係でしかないのに、ぼくは、いろいろと詮索しはじめます。詮索しはじめたといっても、なにもわかりません。学生の頃が、いつの頃なのか、わからないけれど、京都の嵯峨に二年間、下宿されていたということ、そのことがわかって、その場所を詮索に行ったところです。そのお方がご覧になられていた風景でしょうか。新しい家屋がありましたから、たぶんそのお方がお住まいだったころには、その家屋はなかたかも知れません。その場所が、その昔の昔、高貴なお方がお住まいになっていた跡だということも知りました。そのお方が、その高貴なお方の遠い遠い親戚にあたってくるお方なのかも知れません。

嵯峨野慕情-10-

_20180405_162056.JPG
-10-
 その後は、いかがお過ごしでしょうか。昨年末までは、あなたの消息がつかめていたのですが、年が明けてからというもの、あなたの消息が途絶えてしまったように思えます。というのも、あなたがお撮りになった写真が、お仕事先のホームページを作っておられましたが、どうも最近の写真を見てみると、あなたの作品ではないことに気づきます。よく似たアングル、よく似た露出、よく似た色調、ですがあなたのお撮りになった写真ではないと思うのです。あれから何年が経ったのか、足掛け4年目になりますが、お別れして、3年が経つところですね。千日過ぎれば気持ちも変わるというように、ぼくは、ただいま、平静です。あのころの、あなたを想う気持ちは、時と共に去ってきて、千日が過ぎた。

 思い出は、あの嵯峨野の野々宮へ行った時のことでした。おみくじをして、縁結びの神さまを拝んで、それはぼくとの縁ではなくて、まだ見ぬ人への想いをもっておられたあなたが、愛おしく思えました。とはいえ、いずれ別れなければならない宿命だから、好きになっていく気持ちとは裏腹に、あなたを遠くから眺めようとしたのでした。嵯峨の美術大学でお学びになられたデザインが、お仕事になっていたのでしたね。あなたがお撮りになった写真を見せていただいて、あなたの方向性をつかんで、それが商品撮影にも反映されていて、見ればわかる画像でした。それが今年になって、画風が変わって、きっとそこを退職された、いいえ、良い人が見つかって、ご一緒にお住みになられているのかも知れませんね。あなたの元気なお子さんが、まもなくこの世にあらわれてくるのかも知れませんね。

 野々宮神社から二尊院の門前をとおって道なりにいくと、化野ってところへ出るじゃないですか。化野、あだしの、なにかしら、狐に化かされるイメージで、その界隈を歩きましたね。あのときのことです。化野は死者を葬る野であった、と書いてあるんですけど、わたし、ああ、おふたり並ばれているこの石仏、記念に写真に撮っておきます。あなたは、ぼくのより高級なカメラを持っておられましたね。撮影指導しながら、あなたの感覚が、ぼくの理解に及ばないところにあることが、それとなくわかってきて、ぼくは絶句してしまいました。そのあとは、坂を転げ落ちるように、あなたとの間に隙間風が吹いてきたのを、自覚しないわけにはいきませんでした。もし、人を想う苦悩というのがあるのなら、ぼくのそれは、まさに、その苦悩そのものだと思うのでした。それらの日々から、千日が過ぎてしまいましたね。